2005年10月20日

夢バトン

ここはバトンブログだろうか・・・

■小さい頃、何になりたかった?

あんまり「将来の夢」とかなかったです。
小学校の卒業アルバムの将来の夢コーナーを見ると、「考古学者」って書いてありました。
しぶっ
吉村作治にでもなりたかったんだろうか・・・たらーっ(汗)


それ以降はあんまりなかったなぁ。
どっちかっていうと大人にはまだなりたくなくて、若いうちだけが輝いていられると思ってた。


■その夢は叶いましたか?

考古学者じゃないねぇ〜いま。普通にリーマンだねぇ・・・
でも大人になっても今が一番楽しいよ。
というか考古学者なんかになってなくってよかった(´ー`)


■現在の夢は?

自分が育ってきたような平穏で満たされた家庭や環境を作ること(できればそれ+αのリッチ感)
すごい地味かもしれんが、これから自力で、何の保証もなく残りの60年くらいを満たしていかないといけない男子としては結構死活問題なんです。一旗挙げるなら30くらいまでに、みたいな焦りもあるし。


■宝くじで3億円当たったら?

1億くらいどっかに預けてある程度お任せ運用させて、2億はとりあえずとっておくー。
今は自分の仕事で忙しいけどもう少しビジネスマンとして磨きがかかって一通り育ったと思ったら、自分のビジネスをやる資金に費やしたい。
5000万くらいは生活資金としてとっとくけど。ってすごい虚しいなー無い3億を空想するのは(笑)  


■あなたにとって夢のような世界とは?

ディズニーランド


■昨晩見た夢は?

昨晩は覚えてないんだけど今朝は、

最近すごい朝起きれなくてほんとギリギリまでベッドの中で格闘しているんだけど、今日も目覚ましが鳴りつつ起きれなくて苦しんでいたら、急いで飛び起きて会社行く準備をしている夢を見ました。(よく見る)

〜〜ココカラ夢〜〜

寝起きの髪を直しながら流れていたニュースを聞いていた。

「今朝、Aさん(知ってる人)が泊まっていたホテルから、身元不明の男が死んでいるのが発見されました。ちなみに、Aさんは 死んでしまいました。このホテルの支配人によれば、『早朝、この部屋の空調が故障して−38℃の空気が流れたのでAさんはそのまま死んでしまいました。ちなみに一緒にいた男もいっしょに死んでしまいました。』と、いう事です。Aさんは死ぬ間際、ディズニーランドに行く夢を見ていました。なお、身元不明の男も同様にディズニーランドに行く夢を見ていた模様です。さて、そのディズニーランドですが、今日は非常に寒く最高気温は15度です。お天気は・・・」

ニュースは天気予報になった。これを聞きながら、「あぁ〜寝てる間に空調が寒くなって死ぬこともあるんだ。気をつけなきゃな。でもAさんはディズニーの夢を見ながら死んだんだから幸せだったんだろう」と考えていた。

〜〜〜〜〜〜
ここで飛び起きて「何をバカなことを!」と思いながら10分でシャワー浴びて準備して会社へ。これはほんと罠だ・・・。起きなきゃいけない!という意識が高いときこそ、起きて準備している夢を見てしまうのだ。それで安心してしまう。結果的に起きていないことに気付き愕然とするのだ。。


■この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?

健介と未央かなー
変な夢みてそう。
posted by ようすけ at 11:13| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

¶Spot[002]:「ホーンテッドマンション」

≪基本情報≫****************************************
【Name】『ホーンテッドマンション』
【Genre】退廃的洋館
【Place】夢と魔法の国
【URL】http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/7land/fantasy/atrc_haunted.html
≪勝手データ≫****************************************
 ■魅了度 20
 ■心躍度 18⇒19
 ■主な用途:亡霊見学

扉一つ無い部屋で、身の毛もよだつ不気味な響きが館の中に広がる・・・
蝋燭の炎が、風も無いのに揺れ動く・・・
ほら、そこにもここにも亡霊達が・・・!
諸君の恐れおののく姿を見て、彼らは喜びの笑みを浮かべているのだ・・・


2005年度"老後に住みたい家"ランキングで堂々の1位を獲得した格調高い洋館!
この世のものとは思えないほどの格別な住み心地が貴方を魅了します。。
―屋敷には幾人ものメイドが仕え、貴方の暮らしをエスコートいたします。
―館内の移動は全自動の"オムニムーバー"で楽々♪の完全バリアフリー対応!
―万が一に急逝してしまった場合でも、敷地内に十分な墓地と墓石をご用意してございます。
―さらに!今亡くなると、記念すべき1000人目の亡霊として一族が大歓迎!!
さぁ、このチャンスを見逃す手はありませんぞ・・・。今すぐ死亡証明書をご準備くださいモバQ

haunted1.jpg
__________________

ところが・・・・
今年もジャックがマンションジャック!(>_<)
まずはここをチェック!!
↑フラッシュだけでもわくわくだねこりゃ。

というわけで僭越ながら拙僧が収めたNightmareな屋敷の姿を紳士ならびに淑女諸君へお見せ致そう
posted by ようすけ at 00:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

¶Spot[001]:「オペラハウスの魔法使い」&「竜宮」

≪基本情報≫****************************************
【Name】『オペラハウスの魔法使い』『竜宮』
【Genre】コンセプト系ダイニング&バー
【Place】東京都豊島区
【URL】http://www.diamond-dining.com/opera/
≪勝手データ≫****************************************
 ■魅惑度 19
 ■舌堤度 15
 ■主な用途:逢瀬、饗宴、密会

螺旋状の階段を降りていくと、踊り場の先に厳めしい廊下が延びていました。
恐る恐る進んで行くと・・・
あぁ! まばゆいオペラハウスの光景がそこに!


煉瓦造りの壁に囲まれた威厳漂う間に、赤と金を基調とした格調高い絨毯や机椅子。
壁にかかった仮面からは妖しい影が伸び、テーブルのキャンドルは紅く揺らめく。
そして、天井には眩い限りの煌びやかなシャンデリアが・・・!!
opera1.jpg
-----------------

こんばんわ。まぶしかった夏が終わって、いよいよ秋が到来しました。
・・・胸の高まりを抑え切れない洋介です。
さて、人知れず始まったこのコーナー
見ての通り、拙僧が赴いた場所についてれぽーちんぐしていくものですが、
忌避すべき第一弾はここ!

・・・ともすればチープとも思われなくもない危険を顧みず、次から次へとこの東京の都へ幻惑スポットを築城し続けるコンセプトダイニングの雄、「ダイヤモンドダイニング」が、ついにその一線を越えてしまった新秘境。其の名も 「オ ペ ラ ハ ウ ス の 魔 法 使 い 」(恐い声でゆっくりと)

基本的にはこれまでの「ヴァンパイアカフェ」「迷宮の国のアリス」と同様のノリで、やっぱり給仕のメイドさんは健在。ヴァンプの妖しさとアリスのいかがわしさwを足して割った感じです。というかまんま「あの映画」の舞台ですじゃ
んでも実際、「オペラ座〜」のサントラが最初から最後までかかってまして、いや、もうこれが当然ながら雰囲気にハマりまくりなんだわ。胸の鼓動が・・・(@ρ@)
(でもそれが終わったら毎度お馴染みサラ・ブライトマンだった。。好きだけどね・・・)

真ん中の円卓の席がね、これシャンデリアが眼前にぶら下がっててほんとすごいんだわ。。
かなりびっくりな豪勢シャンデリアでさ、ちょっと、ここ座りにこないとイカンなーと思っておりまして・・・
8名くらいだったら予約できるってさ。この指とーまれ!

おまけ『竜宮』
ryugu1.jpg
ここは廊下から入るとすぐ横に併設されてるバーなんだけど、こっちは周囲に水槽がめぐらされた海底の世界なんですわ。
おデートとかでお酒とちょいと怪しい会話を楽しむ際にはうってつけのムードだよ。
どの席もすぐ後ろが水槽になってるからお魚とかエビちゃんとかいて、ぼーっとしてるだけでも楽しく酔える竜宮の世界。

トレードマークのタツノオトシゴくん
ryugu2.jpg

あとチラっと見せてもらったんだけど、奥にVIPルームちっくな個室がありました・・・。
水槽に囲まれててすっげーあやしい!! 海底に沈んだ豪華客船みたいにゆらゆらと青に染まったソファのあるお部屋はいかがわしさムード満点だったんで、誰かチャレンジしてみてね。
posted by ようすけ at 00:13| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。